売れるHPの制作手順



売れるHPとそうでないHPの違いは何なのか?というと、その秘密は制作手順の違いに隠されています。今回は、働く(=売れる)ホームページの制作手順を特別に紹介していきます。

競業となるWEBサイト・HPの制作会社さん、または関係者の方は、拍子抜けするくらい簡単に”成果に繋がるサイトを制作する方法”に気づいてしまうので、絶対にこの先を読み進めないでください。当社の儲けが減ってしまいますので・・・。


①目的・要望の確認



まずはじめに行うことは、ホームページの目的や、達成したい要望を明確にすることです。

「なぜ、ホームページを制作するのか?」
「ホームページをもつ目的は何か?」
「ホームページが担う役割は何か?」

そういったホームページの目的を明確にし、確認することが大切です。
詳しくは⇒ホームページの目的とは?


②マーケット分析



あなたのホームページにアクセスするお客さまは、競合他社のホームページにもアクセスしています。つまり、比較されたときに顧客から選ばれる情報を提供していなければ、すぐに競合他社のサイトに去ってしまいます。

それを防ぐためにも、1.お客さまの分析、2.自社の分析、3.競業他社の分析を行い、あなたの優位性を見つけ、お客さまに競業他社と比較されても、選ばれる理由を用意することが重要です。


③戦略・方針の決定



ホームページを制作する際の戦略・方針を決定するというのは、「誰にどうやって、何をしてもらうのか?」ということを決めることです。①の目的を実現するために、どうしたらよいのか?ということをここで詰めます。

具体的には、ターゲットとなる顧客を絞り込み、その顧客にアクション(問合せや購入など)してもらうためのコンテンツを設計することです。


④コンテンツライティング



コンテンツライティングとは、②マーケット分析ででてきた、お客さまに選ばれる理由をわかりやすく伝えるための文章をつくることです。

キャッチコピーだけでなく具体的に伝える原稿なども、③で決めたコンテンツ設計に従って制作します。


⑤イメージデザイン



イメージデザインでは、アクセスしたお客さまが知りたい情報がどこにあるのかひと目でわかるように視覚的に訴える画像を用意することです。

文字だけのホームページよりも、写真や画像を使った方が、視覚的にも訴えやすく、読みやすいホームページになるので、使用する画像や写真を用意しましょう。


⑥設計



設計というのは、アクセスしたお客さまに、求めるアクションをスムーズにしてもらうための、ホームページのレイアウトを決めることです。

ここで注意したいのは、デザイン重視にしないことです。①で決めた「ホームページの目的を達成するため」のレイアウトにすることを忘れずに。


⑦制作・テスト



制作ソフトを使って①~⑥で決めたことを実装することです。①~⑥それぞれをしっかりと行っていれば、ここのフェーズは簡単にできます。

出来上がったら、設計した通りの動作を行うかをチェックします。例えば、スライドショーの順番や、ボタンクリック時の動作、問合せフォームの動作確認などを行います。


⑧公開



制作したホームページを一般公開します。


⑨運営



作ったまま放置という状態にしないためにも、新しいコンテンツの追加や、ブログの更新などを行い、お客さまに鮮度の高い情報を提供していくことが大切です。


⑩改良



意図した成果が得られない場合は、ホームページにテコ入れする必要があります。

上手くいかない部分の表現や文章を変える、画像を変えてみるなど、方法は様々です。大事なのは「上手くいかないから」といって諦めて、放置しないことです。

ホームページを分析すれば、どこに原因があるのかわかるので、コツコツと改良していくことが大切です。



以上が、働くHPを制作する手順です。10項目もあるからメンドクサイと感じました?それとも、10項目しかないから簡単じゃん!と思いました?面倒と感じた方は、10項目を踏まえて制作会社に依頼すればいいですし、簡単と思った方は自分で作ってしまえば、ウン十万の制作費が浮きます。

私が、制作会社さんに依頼しない方がイイと伝えている理由は、紹介した手順で制作してないので売れないHPになってしまう可能性が高いからです。ですから、その手順をあなたが知っていれば、WEB制作会社さんに依頼してもOKなのです。あとは、制作費に回せるお金と、あなたが費やせる時間とを比較して決めればいいだけです。



ちなみに、重要なポイントは、①~④と⑩です。デザインが悪くても戦略やコンテンツがしっかりとしていれば、成果に繋がりますが、デザインがすごく良くても、戦略やコンテンツがボロボロだと成果には繋がりません。また、出来上がったHPを常に改善していかなければ、狙っている成果とのズレが大きくなっていくので結局成果の出ないサイトになってしまいます。

ですから、紹介した①~④と⑩についてはしっかりと腰を据えて取り組むことがとても大切なのです。