HP制作支援の流れを紹介します。



私がサポートする場合、ホームページ制作におけるワークフローは次の3つのパートに分けて制作を行います。

調査・分析パート

制作パート

運用パート



まず、大前提として、「ホームページの制作を、支援するサポート」になりますので、主となる作業についてはお客さま(もしくは、お客さまの外注先)に行っていただく形式となります。

これは、成果直結型のホームページを制作するには、お客さま自身がホームページの役割に気づき、継続的に更新していくという作業が必要不可欠だからです。しかし、その更新作業を多くの場合、発注するという選択をしています。

これはご自分で対応できれば節約できる費用ですので、ホームページ制作は、制作ソフトを利用して、ご自分で制作することをオススメしています。(オススメの制作ソフトは別途紹介しています。)

では、各パートについて詳しくご紹介していきます。
※尚、ホームページ制作については、制作ソフトを利用してご自分で制作していることを前提とした内容になっています。


調査・分析パート



このパートでは、ホームページのゴールを関係者が共有し、お客さまに選ばれるホームページにするための、基本設計を行うパートです。

目的・要望の確認

関係者がゴールを共有する


はじめに行うことは、ホームページの目的や、達成したい要望を明確にすることです。

「なぜ、ホームページを制作するのか?」
「ホームページをもつ目的は何か?」
「ホームページが担う役割は何か?」



そういったホームページの目的を最初に明確にしなければ、制作する際の方向性を見い出しにくくなるだけでなく、完成するホームページも”目的のないホームページ”になってしまう可能性がありますので、必ず、最初に目的を明確にします。


次のステップへ

マーケット分析

3C分析で選ばれるサイトに!


ホームページを制作する目的が決まったら、次は、マーケットの分析を行います。成果直結型ホームページ制作において重要なのは、お客さまが置かれている市場を分析し、競業と比較されても勝てる(選ばれる)内容を、前面に打ち出していくことです。



なぜならば、お客さまのお客さまは、ほぼ必ず、あなたのホームページ以外の競業他社のホームページもチェックしているからです。複数のサイトを比較して、「一番よさそうなところ」を選ぶということをしていますので、その比較において、他社より優位に立てるサイトにすることが重要なのです。

このパートで行うマーケットの分析というのは、1.お客さまの分析、2.自社の分析、3.競業他社の分析という3つ(いわゆる3C分析)です。この分析結果を元に、あなたの優位性を見出し、”選ばれる理由”を洗い出します。

次のステップへ

戦略・方針の決定

他社がやらないWebコンサル


3C分析のデータをもとに、どのような戦略・方針でホームページを制作・運営していくのかを決めます。



これはWEB制作会社さんのようにホームページを制作することが目的ではなく、ホームページを通じて、集客や売上などの成果を出すことを目的としたホームページを制作するためには必要な工程であるため、Webコンサルティングもサポートの一環としてサポートしています。

デザインのカッコよさよりもホームページにどんな情報を載せるのか?成果に繋げるための仕掛けはどのように設置するのか?それらをどのように運用していくのか?などを具体的にしてこのステップで設計していきます。


次のステップへ


制作パート



このパートでは、実際にホームページを制作していく”作業”が中心ですが、とても重要なポイントが含まれているパートになります。

コンテンツライティング

超重要!な、コンテンツ


コンテンツライティングとは、ホームページに載せる文章を制作することです。この部分についてはお客さまに丸投げしているWEB制作会社がほとんどです。



しかし、このコンテンツライティングはWEBマーケティング的にもとても重要な部分です。なぜなら、あなたのホームページにアクセスした見込み客は、ホームページの文章を読んで、あなたに依頼するなどの行動に移すかどうかを判断しているからです。ですからコンテンツライティングを適当にやってしまうと、目的を達成することが難しくなってしまうので、とても重要な部分なのです。

このステップでつまずかないように、一つ前の、戦略・方針決定の中で、コンテンツの設計も行っています。ですから、その設計に従ってコンテンツを制作します。

次のステップへ

イメージデザイン

視覚的に訴える画像制作


イメージデザインとは、ホームページの”見ため”を良くするという意図もありますが、それより大事なのは、アクセスしたお客さまの知りたい情報が、どこにあるのかをひと目でわかるように視覚的に訴えるための画像を用意することです。



文字だけのホームページよりも、写真や画像を使った方が見やすいですし、視覚的にも訴えやすく、読みやすいホームページになります。

デザイナーに画像を制作してもらっても構いませんが、あなたの写真を掲載した方が雰囲気も伝わりやすくなるので、できればあなたの写真を利用したものにすることをおススメします。

次のステップへ

レイアウト設計

成果に繋げる仕掛けを設置


このステップでは、制作した文章や画像などを組み合わせて、WEB上に公開するホームページを制作していきます。制作といっても、基本的なコンテンツは既に出来上がっているので、それを装飾していくだけです。



このステップのポイントは、アクセスした見込み客に、こちらが意図したアクションを取ってもらうためのレイアウトにすることです。ですので、例えば、クリックして欲しい画像を目立つ場所に設置したり、どのページにアクセスしても”必ず見て欲しいページ”に繋がる画像を設置したりすることがポイントです。

必ず見て欲しいページなどについては、戦略・方針決定の中で設計しているので、それに従って制作していただければOKです。

尚、ホームページ制作については、制作ソフトを利用してご自分で制作することをオススメしているため、それを前提とした内容になっています。います。理由については後述します。


次のステップへ


運用パート



このパートでは、制作したホームページを一般公開し、さらに、これまでの仮説を検証&改善していく、成果に繋げるためのホームページに成長させるための重要なパートです。

動作チェック

”設置した仕掛け”の動作をテスト


このステップでは、制作したホームページをチェックするだけなのですが、必ず確認するのは、”設置した仕掛け”の動作です。せっかく設置した仕掛けが、何らかの理由で”正しく動作しない”ということはよくあることです。ですから、設置した仕掛けを中心に、ホームページの動作を実際に確認することがとても重要なのです。



例えば、スライドショーの順番や、ボタンクリック時の移動先の確認、お問合せフォームの動作確認、スマートフォンでアクセス時のレイアウト確認などの項目は最低限行いましょう。

尚、動作確認の際は、パソコンとスマートフォン、タブレットのそれぞれの端末からアクセスして確認してください。稀に、パソコンでは正しく動作するのに、スマートフォンでは動作しないということもありますので、端末ごとのチェックは必須項目なのです。

次のステップへ

一般公開

ホームページを公開しよう!


動作確認を行いとくに問題がなければ、いよいよ、制作したホームページを一般公開します。一般公開というのは、誰でもアクセスできるようにすることです。WEB制作会社さんに依頼した場合、いわゆる”納品”にあたるステップになります。



ここでひとまず、ホームページを制作するというフェーズは完了です。

ですが、ホームページは制作したら終わりではなく、一般公開してからが本当のスタートになります。ですから、完成したからといって”あとは放置する”というようなことは絶対にしてはいけません。

次のステップへ

サイト運営

仮説の検証を行う


制作したホームページを放置しないためにも、この運営のステップでは、新しいコンテンツの追加や、ブログの更新などを行い、常に鮮度の高い情報を見込み客に提供していくことが大切です。



それと同時に、制作する祭に設定した仮説を検証することが重要です。仮説とは、制作する際に想定していた、お客さまが検索する際のキーワードであったり、アクセス数や、設置した仕掛けの反応率などです。

予想通りの結果になったのか?それとも全く違う結果になったのか?というデータを計測することが、ホームページを運営する祭の重要ポイントになります。


PDCAを回そう


修正・改良

成果直結型ホームページへ


検証によって得られたデータをもとに、意図した成果が得られない場合はホームページを修正したり、さらに成果がでるように改良していくことが、成果を生みだすホームページの秘訣です。



上手くいかない部分の文章表現や画像を変えてみるなど、改良方法は様々あります。大事なのは「上手くいかないから」といって諦めて放置しないことです。

ホームページのデータを分析すればどこに原因があるのかわかが想定できるので、コツコツと改良していくことが大切です。



以上がホームページ制作におけるワークフローです。

調査・分析パート

制作パート

運用パート

調査・分析パート

制作パート

運用パート



この図のように、修正・改良のステップで終わりではなく、調査・分析⇒制作⇒修正・改良⇒調査・分析・・・というように継続的に運用していくことで、目的を達成するホームページに成長させていくことが大切です。