制作代行の罠


HP制作代行の罠

当社では、基本的にWebサイトやホームページの制作代行ではなく、制作支援を行っています。

制作代行というのは、制作会社さんが行っているようにホームページをすべて制作して納品するというもので、一般的に”ホームページ制作サービス”といわれるものです。

通常、制作費用にプラスして、月々の管理費や更新料・修正手数料などがかかるのが一般的です。

ですから、もし完成したものが”働かないホームページ”である場合、中小企業、とくに小規模事業にとっては手痛い負担になってしまうので、私はオススメしていません。


制作の際の重要なポイントとは?


どうすればよいのかというと、制作会社に丸投げせずに、自分でホームページやWebサイトを制作できるようになることです。

もしかしたら、「Webのプログラムの知識がないから、そんなことはできない」と思うかもしれませんが、例えば、推奨しているQHMというホームページ制作システムを使えば、自分でホームページ制作することは難しくありません。もちろん、既に購入しているホームページ制作システムがあれば、それを使って頂いてもいいと思います。

大切なことは、どんなツールを使うのか?ということではなくて、売れるホームページ、つまり、成果直結型のホームページを作ることです。

ですが、ホームページを初めて制作する方や、働かないホームページを所有している方は、そのために必要なノウハウを知りません。実は、ホームページ制作を行っている会社ですら知らないケースが多く、知っていたとしても、非常に高額な制作料金+管理費などが必要になってしまうというのが現状です。


制作支援サービスとは?


そこで、提案するのが、制作支援サービスです。

あくまでも「支援」ですので、Webサイトやホームページの制作はあなたが行う必要があります。(お金に余裕があれば、業者に発注してもOKです。)

支援というのは、Webサイトやホームページを制作するために重要な戦略構築の決定をするためのノウハウを提供することで、売れないホームページを制作することを防ぎ、成果直結型のホームページを制作するお手伝いをします。(売れないホームページって何?という方は、こちら⇒「売れないホームページとは?」

一昔前は制作会社に依頼するしか選択肢がありませんでしたが、簡単に自分で制作できるWebサイト制作ツールが登場している今、無駄なコストを抑え、より目的に沿ったホームページを制作することが、現代の中小企業、とくに小規模事業者には求められているのです。

そして、それを実現するためのサポートを行うのがホームページ制作支援サービスなのです。